家政夫のミタゾノ4(2020) 第1話の感想とネタバレ!なぜ人気があるのか分析してみた。

2020年春ドラマ

今回でシーズン4を迎えた「家政夫のミタゾノ」。

第1話の感想とネタバレをまとめながら、人気の秘密はどこにあるのかを分析してみました!

第1話のあらすじ・ネタバレ

街中でゴミ拾いをしながらランニングに勤しむ三田園薫(松岡昌宏)のもとに、むすび家政婦紹介所の所長・結頼子(余貴美子)から招集の電話がかかる。
 ――「VIPなお客様からご依頼よ。すぐ戻ってきてちょうだい」

ここからストーリーが始まります。

家政夫の事務所はここ!

ミタゾノの家政夫事務所には、所長の結頼子(むすびよりこ)、家政婦の阿部真理亜(あべまりあ)、家政婦の式根志摩(しきねしま)。ここに新米家政婦の霧島舞が加わり、ミタゾノは仕え先の現地で集合のよう。

家政夫ミタゾノが仕えるのは次期環境大臣の自宅

ミタゾノはさっそく次期環境大臣に内定している“Mr.クリーン”こと岩瀬和夫議員の自宅に仕えることに。

ガラスの破片の掃除が神がかり

新米の家政婦である霧島舞と、家政夫・村田光がぶつかって割ってしまったグラスコップを、ミタゾノ登場できれいにお掃除。
初っ端から圧倒的なサービスを魅せつけます。笑

ミタゾノが議員の息子の事故隠蔽を発見

議員の息子が起こしてしまった自動車事故をミタゾノが発見。
議員の秘書は事故を隠蔽してしまい、Mr.クリーンの経歴に危機が。。

しかも、相手は薬の売買をする反社会勢力のような人。

このままこの事故を隠蔽するのか、国民に公表するのかという選択に迫られます。

どうなる?と思いきや

ヤクザ、、ではなく薬剤師で、示談金を家まで人を支払いに来ただけだった。。
というここまでは簡単なオチでした。

そして次の問題が、、

議員の息子が反社会勢力とつるんでおり、オレオレ詐欺までしていた。
これも家政夫ミタゾノが発見。

さらに議員の妻のママ活も発見

議員の家族はクリーンどころか、様々な問題がゴロゴロと出てきます。

もう行き詰まり。。

どうしたらいいんだ!と、議員をやめるとまで言い出す始末。
このあとどうなるのか。

妻のママ活は、夫を支えるためのセミナーだった

息子の反社会勢力疑惑は反射素材だった。

逆に議員が中身のない政治家だと責められる

議員の提案内容は薄っぺらいもので、家族や秘書から「もううんざりだ」と出て行かれてしまう。

議員が反省して、現実的な政治を始める

家族と秘書に責められ、議員が猛反省。クリーンだけじゃ何もできないことに気が付き、現実的でしっかりとした政治を始めるのでした。

第1話の感想

相変わらず、お仕え先のプライベートにズカズカと入り込むミタゾノ。

議員が大臣になるという人生の変化のタイミングで、ミタゾノが議員家族の問題点を次々と発見します。

最初の息子の事故隠蔽の解決のオチが軽すぎたので、これで終わりなのかとちょっと残念だったのですが、、

息子の反社会勢力も「反射」との勘違いで、妻のママ活も「セミナー」との勘違いでした。

とにかく時事ネタを入れ込んで、そしてぶっ飛んでいるという、家政夫のミタゾノでした。

みんなの感想

とにかく「ぶっ飛んでいる」、そして「時事ネタ入れ込みすぎ」、というところが家政夫のミタゾノの人気の理由のようです。

次回予告

金曜ナイトドラマ『家政夫のミタゾノ』 《第2話》5月1日(金)よる11:15放送 予告動画(30秒)

次回はラーメン屋に家政夫のミタゾノが仕えます。